占い・姓名判断Hasta Mañana(アスタマニャーナ)のコンセプト

占い・姓名判断 Hasta Mañana(アスタマニャーナ)のコンセプト

アスタマニャーナ鑑定士 櫻宮新也(藤原琢也)『にゃるじ』からのご挨拶

占い・姓名判断アスタマニャーナのホームページをご覧頂き、ありがとうございます。
アスタマニャーナのにゃるじ、櫻宮新也です。
プロの占い師となったのは、7年前。占い歴は20年です。
私は、もっともっと普通の生活の中に、『占い』が浸透していったらいいな…。
と、思っています。
占いを、人生を楽しく、生き生きさせる『道具』として利用してもらいたいのです。
占いは、気持ちを軽くする、とっても便利なアイテムです。 
今、お悩みで苦しんでいる、あなた。
占いで、あなたの前に立ちはだかる、悩みと言う壁の『突破口を見つけませんか』。
恋愛や仕事を成功させたい!と、思っているあなた、占いを『利用しませんか』
あと一歩!足を踏み出すことが出来ない!と、もがいているあなた、
占いで『背中を押されてみませんか』
占いが、人生や心の処方箋として、一般に浸透していくことが、私の目標です。

例え、占いの結果が悪くても、アスタマニャーナでは、どうすれば、その結果を変えられるのか、あらゆる角度から、徹底的に占い、お客様と一緒に考え、答えを導き出す努力をいたします。
そのため、占いの精度をあげ、種類を増やすべく、歩みはのろいですが、日々、研鑽!
占いの勉強を続け精進しております。
また、他の占いで、『ひどいこと』を言われた。『気持ちが暗くなる事』を言われた。
ネットの姓名判断をしたら『ショック』を受けた。『占いの結果が気になって気持ちが不安定になった』。
そのような方も、是非アスタマニャーナにおいでください。
占いの結果で、足を止めるのは本末転倒です。占いは、運命を切り開く道具であるべきです。
アスタマニャーナでは、どうすれば、その運命を変えることが出来るか、
あらゆる占いを使って、道をお見つけします。そう、アスタマニャーナは、『街の保健室』を目指します。
お悩みが、超ハードの方には、『心の駆け込み寺』になりたいと思っています。
お坊様ほど、徳は積んでいませんが、少しでも、お客様の力になれたらな・・・、と、思っています。

アスタマニャーナ鑑定士 櫻宮新也(藤原琢也) にゃるじのプロフィール

私は、放送作家と占い師という2つの顔を持っています。放送作家歴は、33年。
『アメリカ横断ウルトラクイズ』『伊東家の食卓』『おもいっきりテレビ』などの番組を手がけてきました。
プロフィール紹介はこちら
今も、『競馬番組』の仕事をしています。
その放送作家の仕事と兼業する形で、2012年(平成24年)の5月から、西荻窪の東京女子大学のすぐそばで、
『占い・姓名判断 アスタマニャーナ』というお店を開業し、占い師という道を歩き始めました。
現在、私が出来る占いは、姓名判断と手相、周易、インド占星術、梅花心易、陰陽五行占い、四柱推命、
九星気学(方位学)、タロットカード、ルノルマンカード、オラクルカード、メディスンカード、ルーン占い
家相、九門家相術、中国風水家相、奇門遁甲術、金函玉鏡方位術、断易・五行易です。
お客様の要望に少しでも応えようと、占いの数を増やし、精度を上げる努力を続けております。
姓名判断は、お店を開くまでは、およそ2万人。プロになってからは1万人以上の皆さんを鑑定させて頂いています。また、
自からも5回ほど改名しています。運気は驚くほどに上がっていきました。
48歳の時、将来姓名判断を仕事にしようと思っていたので、試しに悪い画数をつけてみることにしました。
すると、見事に運気が下がりました。10本あったレギュラー番組が、あら不思議、わずか2年で1本になってしまいました。
もちろん、慌てて戻しましたが・・・。
占い師と放送作家を兼業しようと思ったのは、私の友人、知人に、次々と悲しい出来事が相次いだ事からでした。
それは、すべて占いで予知できるものでした。
『ストレス貯めやすい人だから、健康診断は、絶対に受けないとダメだよ』
『最近、眠れて無いんじゃないの? 病院に行ってみようか・・・・』
『車での遠出は、絶対にしちゃダメだよ』
これらの一言をかけていれば、もしかすると、その悲しい出来事は、回避できたかもしれません。
もし、自分の占いで、一人でも多くの人が、突然の不幸、事件・事故から回避させる事が出来たらと、そう思い、始めたのです。
さらに、占いを駆使して、みなさんの気持ちを癒したい。一人でも多くの笑顔を増やしたい。
自信と勇気、やる気のカンフル剤になりたいと、若い時から思っていました。

アスタマニャーナの理念 『運命は修正できる』

本当に、目まぐるしい、6年間でした。
オープン当初の頃が、ありきたりな表現ですが、『まるで昨日の様な・・・・』、感じがします。
毎日、お客様の口から語られる、さまざまな『人生劇場』に対して、赤いテーブルを挟んで、正面から向き合い、占ってきた6年間でした。
そのけたたましい6年間で、実際にお客様を鑑定させて頂き確信したこと、それは、『運命は修正出来る』でした。
私は、現在、占い師と放送作家を兼業していますが、放送作家の仕事をバリバリこなしている30代、40代の頃は、スポーツ系の仕事を、数多くこなしていました。
国民栄誉賞にも選ばれた松井秀喜さんが、まだ20代でジャイアンツのユニフォームに袖を通しているときに、取材したときのことです。
彼はその時、30打席快音が聞こえなくなってスランプに陥っていました、試合中にエラーもしてしまい、試合もそのせいでぼろ負けの状態でした。
取材陣からも、手厳しい質問が飛び交いましたが、松井選手からは、この様な言葉が飛び出しました。
『過去は、修正できないけれど、未来は修正できるから…』
過去の三振、エラー、ミスをどんなに悔やんでも、全く無意味・・・・、それよりも、未来で、三振、エラーをしないように自分が努力すれば良いと、
22歳だった松井選手の口から出たときは、ちょっと衝撃をうけました。
松井選手は、そのインタビューを終えると、試合直後だというのに、すぐに球場で守備の練習とバッティングの練習をするではありませんか?
きっと、相当悔しかったに違いありません。私達取材陣には冷静な対応でしたが、ノックを受ける姿、バットを振る姿に、誰も近づけませんでした。
そして、再び同じピッチャーに対峙したとき、見事ホームランを打ったのです。もちろん、エラーをすることはありませんでした。
14年後、メジャーリーガーでMVPになったとき、あの『過去は、修正できないけれど、未来は修正できるから…』と、いう、言葉が、
彼の根底を支え、この栄光を手に入れたのだなと、つくづく思いました。
実は、私自信も、その言葉を松井選手の口から聞いて以来、その言葉を心に刻み、生きることにしています。
放送作家という寿命の短い商売を、今も細々と続けることができ、さらに、占いという新しい仕事に取り組めているのも、
その言葉があったからだと思います。そして、この6年間で、その言葉は、確信へと変わりました。
それは、自らの力で、幸運をつかみ取った方達を、たくさん見る事になったからです。
ある女性に 易占いをしたところ、『3か月以内に素敵な彼が現れ、その2か月後に結婚する!』と、出ました。
この占いの結果が出た時、彼女には、もう5年以上、恋人がいませんでした。
『そんな訳ないよね・・・』と言いながら、彼女は積極的に動くことに・・・。
婚活に力を入れてみると・・・・本当に3か月後、彼が現れ、あっという間に結婚へ!
きっかけは易でしたが、動いてみたら・・・・、運命的な男性と出会いました。
このような、自分で前向きに動き出すと、人生が一転された方を、何人もみさせて頂きました。
『何かを変えたい!』『変えなくちゃいけない!』『このままではいけない!』
そう思われている方、前向きに動くきっかけが欲しい方。是非、アスタマニャーナにいらしてください。
『運命は修正できます』。
また、占いの結果が、どんなに悪くとも、その結果も変えることは出来ます。
(水晶買え、とか、印鑑買えとか…そういう話ではありません)
本来、占い50%、環境50%。
どんな悪い年回りだろうが、天中殺だろうが、大殺界だろうが、厄年だろうが、運気を上げる道、助かる道はあります。
逆に、仕事がうまくいかなかったり、悪いことが続いたりするのを、年回りや、自分の運のせいにしていませんか?
そのままでは、負の連鎖は止まりません。
また、どんなに、悪い星の下に生まれてこようとも、いくらでも、運命は、修正できます。
アスタマニャーナは、その方法を見つけ出すお手伝いをし、明日への活力になるような占いやアドバイスが出来るようにと、
心がけています。
何度も言いますが、占いで悪い結果が出ても、運命は修正できます。あきらめたら終わりです!
『運命は絶対修正できる!』
アスタマニャーナは、そのお手伝いを、一生懸命させて頂きます。

『アスタマニャーナ』という店名は、なぜついたのか?

アスタマニャーナは、スペイン語で『また明日』『明日は明日の風が吹く』と、いった意味です。
昔、アルゼンチンに行った時、貧しいスラム街に足を運んだのですが、そこに住んでいる人々は、みな笑顔でした。
私が、日本料理屋で用意して頂いた、お弁当をベンチに座って食べていると、いつの間にか、スラムの住人達、大人から子供まで30人位に
囲まれてしまいました。お金が欲しいのかな・・・と、ちょっと焦っていると、私を、ただじっと見ているだけでした。
襲われるような雰囲気ではなかったので、私は、その30人が注目する中、お弁当を食べ続けることに・・・。
すると…私が、割り箸で鶏のから揚げをつまんで、口に入れて食べた瞬間。拍手と歓声が湧くではないですか・・・。
えっ・・・なになに? そう、私が二本の棒で、から揚げをつまんだことが、アルゼンチンの人には、驚異だったのです。
すっかり、面白くなった私は、おかずを箸につまんでは、頭上に持ち上げ、そして、口の中へ!
そのたびに、笑い声と大歓声!割り箸で、スター気分が味わえました。
私の、食事が終わると、一人の男性が、そばに近づいてきて、割り箸をくれと、言うのです。
お腹がペコペコのはずなのに、お金も、食べ物も要求せず、持っていったのは、割り箸でした。
そして、そこから、大人から子供までが、その箸を使って、道に落ちている石をつまむゲームが始まるではないですか。
でも、箸って難しいんですね、皆できないんです。そこで、私がお手本を見せると、たちどころに拍手が・・・・。
それから、2~3時間。彼らと割り箸であそんでいました。そして、日が暮れだした別れ際に
彼らからかけられた言葉が、『アスタマニャーナ!』でした。
『また明日・・・・』という意味もあるけど、あとで通訳さんに聞いたら、
『明日は、明日の風が吹く~』という意味もあるらしいです。
貧しいけど、とても幸せそうで、彼らは、お互いを励ましあうように「アスタマニャーナ」と言う言葉を
使っていました。そして、私にも・・・・。その言葉が、今も、20年の時を越え、心に残っています。
明日につながる何かを、あなたに提供できればと思い、店名も「アスタマニャーナ」にさせて頂きました。
どんな絶望の先にも、明るい未来があります。その道しるべとなればと、思っています。

アスタマニャーナの考える、幸せとは何か?

私は、2017年の12月に、インドに行ってまいりました。インドへ行って、つくづく考えさせられたのが、
『幸せって何だろう』。
ブータン王国に行かずにして、インドで、『幸せとは何か?』を考えさせられるとは、思いもよりませんでした。
インドは、カースト制度といって、大きく4つの身分に分けられ、その中でさらに細かく階級が分けられています。
当然、結婚も、同じ階級同志としかできません。身分制度の無い日本人からすると、身分の低い人たちは、
かなり辛い生活を送っているように、感じられます。
確かに、スラムに住む人たちは、水道も通っていなければ、トイレもないような家で生活をしているのですが、
『それは、それで幸せそうなのです』
街を歩いていても、昭和30年代の日本のような貧しい家が多いのですが、
住んでいる人たちに、強い不満を感じないのです。そう、家族が肩よせあって、幸せに暮らしている印象が強いのです。
実は、一見、きつそうな身分制度が、彼らに『幸せ』を生み出しているようです。
自分の身の丈以上のものを求めなければ、とっても幸せなのです。
当然、身の丈を越えた、欲を出せば出すほど、幸せは遠のいてしまうのです。
インド南部では、身分が低い人が多いため、ほとんど、勉強をしていません。文字も読めない人がほとんど。
でも、ヤギを飼い、裕福な暮らしをしています。3歳~5歳から、ヤギの世話をし、ヤギ使いとなるのですが、
学校にも行かないのですが、ヤギ使いとして生活するなら、何も不自由しないのです。
もちろん、結婚相手もしっかり見つかります。同じ、ヤギ使いです。
その人達に、最近、外国人が教育を与えるべきだと、教育を導入するようになったら、問題が起きています。
どんな勉強をしても、裕福にもなれず、好きな職業にもつけずない。
その悲観から、自殺者が相次いでいるそうです。現状打破が彼らに苦しみを与え、不幸を呼んでいるのです。
また、インド人のガイドさんの手相を見たら、ストレスがたまり、とても苦しそうです。
彼は、日本の旅行会社の仕事をすることで、人生の現状打破を試みようとしていました。
身分以上の、お金を求めるので、苦しんでいます。
そう、インドは、現状打破!意識改革!を必要としない国
すれば、不幸が訪れる国なのです。
で、私は、そんな彼らから何を学んだか。別に、前向きに生きない、退廃的に生きようなんて、
思う訳もありません。もちろん、努力をせずに現状に甘んじることもありません。
ここは、日本です。幸せを、掴みにいってよい国です。ただ、占いについて考えました。
お客様の『幸せ』って何か? 皆さん、幸せになりたくて、私のお店に 何時間もかけて、おいで頂いているわけです。
そんなお客様に、ただ、一方的に、占いで『こうなれば幸せになれる・・・』。
現状打破!意識改革!をうながしても、『その方は、本当に幸せになれるのだろうか?』そう、考えるようになりました。
もちろん、現状打破!意識改革!をすることで、運命を変えていける人達もいます。それを求める方もいます。
そういう方達には、攻めの占いしていきます。でも、それが、無理。受け入れられない方もいます。
お客様によって、『幸せ』の捉え方が皆、違います。
たとえ正論でも、一方的に、幸せになるのは、こうだ!と、強制的な占いが、逆に負担になる方もいます。
よくスピリチュアル系、見えちゃう系の方に多い、カウンセリングと名乗って、現状打破の方法を
ガンガンに伝えて来る方もいらっしゃいますが、それでは、何も解消しないのが現実です。
そう、もっと、お客様の幸せとは何か?を考え、
お客様の、現状を打破するのではなく、現状の中で幸せになる方法も、探すべきではないのか、そう思ったのです。
幸せの在り方に、パターンはありません。よく、恋愛相談でいらっしゃるお客様の中に、
『今、非常に辛い現状で、誰からも理解されていないところに自分がいて、
それも自分で分かっているのだけど、でも変えられない!』
という方が多いです。
それを、ただ否定して、新しい道をみつける。新しいアイデアを入れるのは、実は、意外に簡単!
それよりも、非常に難しい占いになるのですが、その現状で幸せになる道を占いで模索することも
必要だな・・・と、思ったのです。そう、お客様、1人、1人のお悩みと、よりしっかり寄り添わなくてはならないな・・・。
と、このインドの旅でつくづく感じたのです。
インドで学んだこと!『お客様に寄り添う占い』を目指す!どの位出来るか分かりませんが、挑戦です。

守秘義務について

守秘義務について、お話する前にお願いがあります。占いの的中率を上げる第一条件は、お客様との信頼関係です。
お店に行らっしゃられたら、お客様には、本音でお話をして頂きたいのです。
なかなか本当の事をお話されず、占いの終わる頃に、突然本題を切り出す方も、少なくありません。それは、お客様にとって時間の無駄です。
そのためにも、アスタマニャーナは、徹底して守秘義務を守ります。
占いで話をしたことが、外に漏れるのではないかと、心配でたまらない方、
あなたが抱える悩みや問題、プライバシーを、外に漏らすようなことは絶対にありません。秘密厳守を徹底いたします。
もし、こちらの不手際で漏れるような事があれば、占い師を廃業する覚悟でおります。
お店は、完全に個室です。鑑定中は、お客様がお連れになる方以外は、一切、お店には入れません。
そのため、逆に、次の方は外で待たされることがありますが、ご容赦下さい。
カフェやカラオケルームなどで占いをする占い師や、隣の声が丸聞こえの様な占いの館とは、一線を画させて頂いています。
また、お客様との関係を、『一期一会』にするために、みな様の占いのデーターや、お電話番号、メールアドレスを残しません。
鑑定がお済みのお客様とのメールのやり取りも、なるべく行わないように心がけております。
『めるにゃが』(アスタマニャーナ通信)は、配信ソフトの中に、メールアドレスを記録させて頂いていますが、
名前だけでは検索できないようになっています。メールアドレスがなければ、アドレスを検索することが出来ないシステムになっています。
占いの内容も、なるべく忘れる努力をしています。
もちろん、強力に印象の残る相談内容もあり、記憶にしっかり残ってしまう場合もありますが、
その場合は、私の記憶の中に封じ込めておきます。
お客様が、占いを録音したり、文章に残すことは、アスタマニャーナではOKですが、
店側が、占いの様子を録音したり、文章で残すことは絶対にありません。
なので、2回以降の方、4~5回来られた方の場合でも、毎回、御来店ごとに同じ質問をしてしまうかもしれませんが、
お許しください。
また、自分の本音を漏らしたい方、毒を吐きたい方。そんなみなさんも、アスタマニャーナをご利用ください。
友人や家族に話せない悩みで、一人苦しまれている方、アスタマニャーナで吐き出してみませんか?
アスタマニャーナは、完全に秘密をお守りします。そして、占いで、あなたのお悩みの突破口を開くお手伝いをいたします。
秘密は、絶対にお守りいたします。ご安心して、本音でお話し下さい。
漏れた場合は、占い師を廃業する覚悟でおります。

アスタマニャーナの占いが、お1人2時間の理由。

お店も、4年目に突入した頃から、自分の占いのスタイルが確立してきました。
2時間になったのは、自分の意志というよりは、お客様に、腑に落ちて頂ける占いをしていたら、
いつのまにか、2時間の占いになっていたというのが本当の所です。
アスタマニャーナは、お客様に納得して頂く事が一番!それを心掛けて占いをしています。
2時間というと、新幹線なら名古屋まで、飛行機なら韓国に到着してしまいます。
『そんな長い時間、必要なの?!』と、お思いでしょうが、一度、アスタマニャーナの占いを経験してみてください。
占いを、実際にされた方のほとんどは、『えっ!もう2時間たったの?』という感想の方ばかり。
中には、3時間、4時間鑑定してしまう方も、少なくありません。
自分の事は、いくらでも占えるのです。(と、改めて、占いを商売にして分かりました)
アスタマニャーナでは、『苦しくて、苦しくて悩みで押しつぶされそうになっている方』、『自分の人生が見え無くなってしまった方』、
『今、人生の岐路に立っている方』、『会社の人間関係に悩んでいる方』、『転職を真剣に考えている方』、
『なんとなく占いをしたい方』『好意を持っている男性から冷たくされている方』、『相手の気持ちが知りたい方』、
『気になる人がいるけど、その人がどんな人か分からない方』、『何としても、恋愛を成就させたい方・・・』
どんなお客様とも真剣に向き合い、お客様の抱えているお悩みの解消に全力を尽くします。
当然、時間は、あっという間に過ぎていきます。2時間は、瞬く間です。中には、姓名判断をするだけでも、簡単に2時間経ってしまう方もいます。
手相や運命グラフ、易などをすると、他の方のお名前を見る時間もあるかどうか・・・・と、いった所です。
例えば、今、気になる方を見る場合は、姓名判断で、お相手がどんな人かを徹底分析し。あなたとの相性診断を鑑定します。
続いて、タロットカードで相手があなたの事を、どう思っているのかを調べます。さらに、易で、これからの2人の関係を占っていきます。
これで、およそ、2時間くらい。さらに、オラクルカードで、どうすれば、お付き合いが出来るか方法論を探ろうとすると、プラス1時間となります。
近未来のお悩みを持つ方も、易に1時間、オラクルカードに1時間。質問によっては、2時間では、短いくらいです。
2015年までは、時間制限を設けなかったのがアスタマニャーナ流でしたが、私自身の心身に、悲鳴が上がり始めたため、
お一人2時間、延長30分という、システムを取らせていただく事になりました。
たぶん、私の占い自体が、一般の占いとはかけ離れてきているのかもしれませんが、このスタイルを貫かせて頂きます。